« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

【イベント】 東京都・代官山 WGT 「GARAGE CINEMA vol.2」 8/8(金)


Wgt_cinemagarage_140808


※こちらのイベントは終了しました。
たくさんのご来場ありがとうございました!


8/8(金)→ ×(満席です)


◎ GARAGE CINEMA vol.2

昨年クリスマスに開催され好評だった
「GARAGE CINEMA」の第2弾!

ソファーでくつろぎお酒やお食事を嗜みながら、
天井が高くコンクリート打ちっぱなしの壁に
映し出される映画をお楽しみいただきます。
Taguchiの大型天吊りスピーカーからは
迫力ある音が流れてくる、なかなか味わえない空気感。
今回はアンプラグドなミニライブで扇谷一穂さんも
ギターの弾き語りを行います。

涼しい夏の夜。
おしゃれをして、ホームパーティーのような
贅沢な時間を過ごしにWGTへいらっしゃいませんか?


*************

◆ 詳細
日時: 2014年8月8日(金) 19:30〜22:30(OPEN 18:30)
定員: 48名限定
会場: 代官山 WEEKEND GARAGE TOKYO
料金: 3,000円(フードプレート付き)
    別途要1ドリンクオーダー
予約: WEEKEND GARAGE TOKYOにて。
    info@weekendgaragetokyo.jp
    お名前、ご連絡先、メールアドレス、
    人数をお知らせください。


Wgt


|

2014年7月24日 (木)

【イベント】東京都・目黒 CLASKA 「ルーフトップシネマ 2014 vol.3」 8/4(月)〜7(木)


20140625_rfcinema_main_3


※こちらのイベントは終了しました。
 たくさんのご来場ありがとうございました!


8/4(月)→ ×(満席です)
8/5(火)→ ×(満席です)
8/6(水)→ ×(満席です)
8/7(木)→ ×(満席です)


◎ ルーフトップシネマ 2014 vol.3
〜 キノ・イグルー×CLASKAと、sync 夏のカレー 〜


トウキョウの夏の風物詩として定着しつつある
CLASKA 「ルーフトップシネマ」、今年も開催です!
おかげさまで6年目を迎えた今回は、これまでと違います。

開催日数は、9日間 → 16日間へ!

上映作品は、3作品 → 4作品へ!

総定員数は、720名 → 1,280名へ!

さらに、sync のカレー屋台も出店!

より多くの方にお楽しみいただけるようパワーアップした、
スペシャル拡大版です。

CLASKA ルーフトップのウッドデッキでくつろぎ、
夜風に吹かれながら、ビールを片手に映画鑑賞。

心地好いひとときをご満喫ください。

----------------------------------------------


◆上映作品

『銀河鉄道の夜』
1985年 日本 107分
20140707_rfcinema1
Ⓒ朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA/アスミック・エース

監督: 杉井ギサブロー
原作: 宮沢賢治
音楽: 細野晴臣
内容: 病気の母と暮らし、
    帰らない父を待つ孤独な少年ジョバンニは、
    星祭りの夜に丘の上でひとり空を眺めていた。
    すると目の前に銀河鉄道が現れ、
    導かれるように列車に乗ると、
    そこには親友のカムパネルラがいた。
    2人は銀河を旅し、さまざまな人々と出会い、
    別れていくが、やがて旅の終わりの時が訪れ...
配給: 角川映画

20140707_rfcinema2_2
Ⓒ朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA/アスミック・エース

20140707_rfcinema3_3
Ⓒ朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA/アスミック・エース


ついについに......

3年間想いつづけた夢が、
叶います。

夏の夜に、宮沢賢治。
満天の星空の下で、『銀河鉄道の夜』。

「星祭りの夜。ジョバンニは、
夜空からやってきた銀河鉄道に飛び乗る。
そこには親友のカムパネルラが乗っていた。
2人は、行き先もわからない銀河鉄道の赴くまま、
不思議な旅をつづける。
そして、ジョバンニとカムパネルラは
どこまでも一緒に行けるかと思われたが...」

こんな素敵な物語を、満天の星空のもとで。
この美しいシチュエーションで『銀河鉄道の夜』を見たことは
僕自身も経験がないので、今から本当に楽しみです。


20140707_rfcinema4_2
Ⓒ朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA/アスミック・エース


孤独で空想好きな少年。
時を刻む、振り子の音。
南十字星。
悲しみの予感と新しい希望。

上映中に、夜空から、
銀河鉄道がやってきたら。
はたしてあなたは、
飛び乗ってしまうでしょうか。

夏祭りの夜。
盲目の無線技師。
逆さまの世界。
ほんとうのしあわせ。

僕たちはどこまでもどこまでも、
一緒だって言ったじゃないか。

あなたと旅する、銀河鉄道の夜。


キノ・イグルー 有坂塁


*************


かつて有坂さんから
「いつか『銀河鉄道の夜』を上映したい」と
打ち明けられたとき、もしもCLASKA のルーフトップで
どこまでも果てしなく広がる星空を背景に観られたら、と
想像するだけで泣きそうになったものです。

それが、なんということでしょう。念願叶って、今年ついに
上映できることが決まりました。有坂さんへ心より感謝し
共に歓喜すると同時に、いよいよ泣きそうになっています。

当日おそらく、会場の端っこで泣いてます。
世界はこんなにも美しいと、泣いたって、いいじゃないか。
皆さまのお越しをお待ちしております!


CLASKA 広報 速水真理


*************


◆ 詳細
日程: 2014年8月4日(月)5日(火)6日(水)7日(木)
時間: 19:00open / 19:30star  ※雨天中止
人数: 80名限定
料金: 2,000円(1ドリンク付、おつまみ持ち込み可)
    sync 特製カレー(各回限定30食) +1,000円
    ※カレーの販売は19:00~19:30 の間のみ。
    売り切れ次第終了です。
会場: 目黒 CLASKA
予約: kinoiglu@hotmail.com
    件名を「銀河鉄道の夜」として、
    お名前、希望日、 人数、連絡先をお願いします。


20140622_rfcinema_curry_2

Claska_2


|

2014年7月18日 (金)

【イベント】東京都・立川市 ルミネ立川「あおぞらシネマピクニック」 8/2(土)、3(日)


Aozoragarden_2014summer310x445


※こちらのイベントは終了しました。
たくさんのご来場ありがとうございました!


◎ あおぞらシネマピクニック
〜 キノ・イグルー × ルミネ立川 〜


3年目を迎えるルミネ立川店での、
「あおぞらシネマピクニック」。

今年は、初となる長編作品を上映します。
2009年のチェコアニメーション『屋根裏のポムネンカ』。

チェコ版『トイストーリー』と言ってもいい、
とびきりキュートなファンタジー作品!

今回は、日本語吹替版での上映となりますので、
親子でご一緒に楽しむこともできます。

夏の思い出作りに、ルミネ立川店の屋上庭園へぜひ。


*******


◆上映作品

『屋根裏のポムネンカ』(日本語吹替版)
2009年 チェコ=スロヴァキア=日本
090601_pom_main
©BIO ILLUSION s.r.o

監督:イジー・バルタ
(日本語吹替版:貫地谷しおり、佐野史郎ほか)
物語:人形のポムネンカや、クマのぬいぐるみのムハ、
   壊れたマリオネットのクラソンたちは
   屋根裏部屋のトランクの中で仲良く暮らしていた。
   だが、ある日悪の権化である銅像のフラヴァが現れ、
   ポムネンカをさらっていってしまう。
   粘土細工の小人のシュブルトやムハたちは
   大好きな友だちを救うべく結束し、
   住み慣れたトランクから飛び出すが……。
配給:アット・アームズ

12
©BIO ILLUSION s.r.o


*******

◆ 詳細
日時: 2014年8月2日(土)、3日(日)
時間: 18:30スタート(トークと映画上映。)
会場: ルミネ立川 屋上庭園コトリエ。
料金: 入場無料
予約: ナシ。

13261_458909650874962_2012504508__6


|

2014年7月 8日 (火)

【イベント】東京都・目黒 CLASKA 「ルーフトップシネマ 2014 vol.2」 7/28(月)〜31(木)


20140625_rfcinema_main_2


※こちらのイベントは終了しました。
たくさんのご来場ありがとうございました!

7/28(月)→ ×(満席です)
7/29(火)→ ×(満席です)
7/30(水)→ ×(満席です)
7/31(木)→ ×(満席です)


◎ ルーフトップシネマ 2014 vol.2
〜 キノ・イグルー×CLASKAと、sync 夏のカレー 〜


トウキョウの夏の風物詩として定着しつつある
CLASKA 「ルーフトップシネマ」、今年も開催です!
おかげさまで6年目を迎えた今回は、これまでと違います。

開催日数は、9日間 → 16日間へ!

上映作品は、3作品 → 4作品へ!

総定員数は、720名 → 1,280名へ!

さらに、sync のカレー屋台も出店!

より多くの方にお楽しみいただけるようパワーアップした、
スペシャル拡大版です。

CLASKA ルーフトップのウッドデッキでくつろぎ、
夜風に吹かれながら、ビールを片手に映画鑑賞。

心地好いひとときをご満喫ください。

----------------------------------------------


◆上映作品

『3人のアンヌ』
2012年 韓国 89分
20140630_cinema2_1

監督: ホン・サンス
出演: イザベル・ユペール、ユ・ジュンサン、チョン・ユミ
内容: 初夏のゆったりとした時間が流れる海辺の街モハン。
    ヴァカンスに訪れたフランス人のアンヌ〜
    ① 成功した映画監督
    ② 浮気中の人妻
    ③ 離婚したばかりの女性
    同じアンヌという名前の3人は、
    偶然にも同じ情熱的なライフガードに出会う。
    灯台の他にこれといって何もない
    異国の地で繰り返される恋のヴァカンス。
    アンヌと言葉が上手く通じないライフガードとの
    淡くぎこちない恋の結末は・・・。
配給: ビターズエンド


20140630_cinema2_2

20140630_cinema2_3


ノリにノッている、韓国の天才ホン・サンス。
ヨーロッパで絶大な人気を誇る、
彼の大傑作『3人のアンヌ』の魅力を、
言葉で説明するなんて、こんな野暮なことはありません!

言葉で説明できないからこそ、映画なのだ!なんて
うそぶきたくなるほど、
『3人のアンヌ』は理屈という重力から解放され、
軽やかな魅力にあふれています。

遊び心があり、軽やかで、楽しいのです。
問答無用なおもしろさなのです!
そう、エリック・ロメールの作ったヴァカンス映画みたいに!


浜辺の波の音。ギター。避暑地の恋。
一人が三役を演じ、反復される、
夏のヴァカンスの不思議なスケッチを、
夏の星空のもと、CLASKA のルーフトップで体験できる、
このスペシャル感。
忘れられない時間になること間違いなし、です。

僕はこの作品を、迷うことなく、
2013年ベスト1に選出しました。
見た瞬間に決定。ぶっちぎりの第一位。
そして今回、僕たちが生きる "同時代" に、
こんな素晴らしい監督がいるんだよ!ということを、
もっともっと多くの人に知ってもらいたい!
そう思ったのです。


「昼寝のときに見る、夢のような映画。」
この言葉にココロが動いた人なら大丈夫、
ホン・サンス ワールドを楽しめること間違いナシです。

ぜひあなたも2014年の夏、CLASKA にて、
"ホン・サンスという恐るべき才能" を発見して、
夏の思い出のひとつとしてみてください。


キノ・イグルー 有坂塁


20140630_cinema2_4


有坂さんがここまで仰るとは。

ただ事ではない予感に胸をときめかせながら
ちょっと旅に出るような気分で星空のもとへ昇り、
夏 海 ヴァカンス 恋 のきらめきに飛び込むのみです。

ああ、なんて楽しみ。

それ以外、何も言うことがありません。
皆さまのお越しをお待ちしております!


CLASKA広報 速水真理


20140630_cinema2_5


◆ 詳細
日程: 2014年7月28日(月)29日(火)30日(水)31日(木)
時間: 19:00open / 19:30star  ※雨天中止
人数: 80名限定
料金: 2,000円(1ドリンク付、おつまみ持ち込み可)
    sync 特製カレー(各回限定30食) +1,000円
    ※カレーの販売は19:00~19:30 の間のみ。
    売り切れ次第終了です。
会場: 目黒 CLASKA
予約: kinoiglu@hotmail.com
    件名を「3人のアンヌ」として、
    お名前、希望日、 人数、連絡先をお願いします。


20140622_rfcinema_curry_2_2

Claska_2_2


|

【雑誌・連載】 「Hanako FOR MEN vol.12」(マガジンハウス)


Fdbec5b2d45b4eaeab77f876f5c05d52


Hanako FOR MEN にて連載中の
「どんな時でも、映画のことを思い出す」。

今回は、雨とウディ・アレン、
というテーマで書いてみました。

西荻窪のカフェと『マンハッタン』。

|

【雑誌・連載】「Oggi」(小学館)2014年8月号


1200950217


Oggiにて連載中の
「有坂塁のシネマコンシェルジュ」。

1本の最新劇場公開作品と、
そこから広がる2本のDVDをご紹介しています。

今月のテーマは、
「 新時代のアメリカ映画 」。


近年のハリウッド映画は、ユースカルチャーの空気を纏った、
クリエイティブな作品が多数生まれています。
今回は、その中心メンバーの3人を紹介しました。

ぜひご覧になってみてください。

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »