« 【雑誌・連載】 「Oggi」(小学館)2013年12月号 | トップページ | 【デザイン】「fato.」 3rd Anniversary Tシャツデザイン »

2013年11月18日 (月)

【イベント】 東京都・仙川 niwa-coya 「ニワコヤ映画祭 2013」 12/2(月)〜7(土)


P_4
(イラスト:小桧山聡子)


※こちらのイベントは終了しました。
たくさんのご来場ありがとうございました!


●12/2(月)
17:00 『不思議惑星キン・ザ・ザ』→ ×(満席です)

●12/3(火)
12:00 『トスカーナの贋作』  → ×(満席です)

●12/4(水)
12:00 『コントラクト・キラー』→ △(残り席わずか)
19:00 『100人の子どもたち〜』→ ×(満席です)

●12/5(木)
12:00 『不思議惑星キン・ザ・ザ』→ △(残り席わずか)
18:30 『トスカーナの贋作』   → △(残り席わずか)

●12/6(金)
12:00 『100人の子どもたち〜』→ △(残り席わずか)
18:30 『コントラクト・キラー』→ △(残り席わずか)

●12/7(土)
10:00 「こどもえいがかん」    → ×(満席です)
16:00 「クロージングパーティー」 → △(残り席わずか)


----------------


◎ ニワコヤ映画祭 2013
〜「変」な映画、あります〜


この小さな手作りの小屋で観る映画は、
快適なソファもサラウンドスピーカーもありませんけれど、
きっといつまでも心に残る時間となるでしょう。
映画を観た後は、ニワコヤが、映画にまつわる料理や、
そのお国料理をご用意します。
観て、食べて、語らって、、、どうぞごゆっくり。
                       …niwa-coya

「映画を観たあとに、テーブルを囲んで、
 みんなでごはんを食べる。」
映画っていいなあ、と素直に思える、
みんなのための映画祭です。
今年は食事の時間がより楽しくなる
どこか“変”な映画を集めてみました。
さあ、おいしい映画祭のスタートです!
                       …Kino Iglu


【上映作品紹介】

『トスカーナの贋作』
2010年 フランス=イタリア 107分

Toscana

監督:アッバス・キアロスタミ
出演:ジュリエット・ビノシュ、ウィリアム・シメル
内容:美しい秋のトスカーナ地方の小さな村を訪れた
   イギリス作家がギャラリーを経営する
   フランス人女性と出会う。2人はカフェの主人に夫婦に
   勘違いされたことをきっかけに、
   まるで長年連れ添った夫婦であるかのように
   振る舞い始める。
   観客を摩訶不思議な迷宮世界へといざない、
   作品の入り口からは想像もつかない帰結を迎える。
   イランの天才キアロスタミによる、
   とっても「変」なラブストーリー。
配給:ユーロスペース


-----------


『コントラクト・キラー』
1990年 フィンランド=イギリス 80分

Contract2

監督:アキ・カウリスマキ
出演:ジャン=ピエール・レオー、ジョー・ストラマー
内容:フランスに居場所をなくし、
   ロンドンの水道局で働くアンリは、
   職を失った絶望から自殺を図るが失敗。
   新聞で見つけた“コントラクト・キラー”に
   自らの殺しを依頼するが、
   その直後に花売り娘と恋に落ち、
   殺し屋から逃げ回るはめになる…
   カウリスマキの永遠のアイドル、
   レオーの愛くるしい魅力を存分に活かし、
   ジョー・ストラマーの演奏シーンまで
   たっぷり見せてくれる
   素敵でとっても「変」なコメディ映画。
配給:ユーロスペース


-----------


『不思議惑星キン・ザ・ザ』
1986年 ソ連 135分

Kindzadza

監督:ゲオルギー・ダネリヤ
出演:スタニスラフ・リュブシン、エフゲニー・レオーノフ
内容:ひょうんなことからモスクワから謎の砂漠に
   ワープしてしまった地球人のふたり。
   何とそこはキン・ザ・ザ星という、
   マッチ一本で宇宙船が飛べる嘘みたいな星だった!
   世界的に有名な音楽家ギア・カンチェリによる
   麻薬的に呑気なサントラ、素っ頓狂な挿入歌、
   そして思いもよらない感動のラストシーンまで、
   あらゆる概念を完全に無視、
   モンティパイソンも真っ青なデタラメ満載で
   突き進む前代未聞の「変」なSF映画。
配給:パンドラ


-----------


『100人の子供たちが列車を待っている』
1989年 チリ 58分

100children

監督:イグナシオ・アグエロ
出演:女性教師と子供たち
内容:チリのサンティアゴ郊外を舞台にした、
   心あたたまるドキュメンタリー。
   貧しさゆえに、映画を観たことがない子供たちに
   映画を手作りで教える女性教師、アリシア・ヴェガ。
   紙や木で簡単なアニメの装置を作ったり、遠近法、
   カメラの動きを体験させ、1人が1枚のコマを描き、
   それをつなげて1本のフィルムに仕上げていく…
   「さあ、遊びましょう!」
   と子供たちに呼びかけるアリシアと、
   好奇心と期待に輝く瞳で答える子供たち。
   何が「変」かは観てからのお楽しみ。
配給:パンドラ


-----------


【タイムテーブル】

●12/2(月)
17:00 『不思議惑星キン・ザ・ザ』

●12/3(火)
12:00 『トスカーナの贋作』

●12/4(水)
12:00 『コントラクト・キラー』
19:00 『100人の子どもたちが列車を待っている』

●12/5(木)
12:00 『不思議惑星キン・ザ・ザ』
18:30 『トスカーナの贋作』

●12/6(金)
12:00 『100人の子どもたちが列車を待っている』
18:30 『コントラクト・キラー』

●12/7(土)
10:00 「こどもえいがかん」
16:00 「クロージングパーティー」



P_5


◆映画祭詳細

日程: 2013年12月2日〜7日
会場: 仙川 niwa-coya
定員: 各回20名限定
料金:12/2〜12/6
   おとな   2,800円(映画にまつわるごはん付き)
   高校生以下 1,800円
   
   12/7 こどもえいがかん
   1,000円(おやつ付き)

   12/7 クロージングパーティー
   3,000円(ごはん+お楽しみ盛りだくさん!)


予約: ニワコヤまで。
    03-5315-2848 / alafura@ybb.ne.jp

    640x640_rect_8215949


|

« 【雑誌・連載】 「Oggi」(小学館)2013年12月号 | トップページ | 【デザイン】「fato.」 3rd Anniversary Tシャツデザイン »

東京でのイベント」カテゴリの記事